離婚時の年金分割

離婚時の年金分割

離婚時の年金分割とは

離婚時の年金分割とは、婚姻期間中の厚生年金(旧共済年金を含む)の納付記録(標準報酬)を、多い方から少ない方へ分割できる制度です。受け取る年金の額は、分割後の納付記録に基づいて算定されることになります。


離婚時年金分割の2つの制度

離婚時の年金分割には、合意分割と3号分割の2つの制度があります。

合意分割制度

合意分割制度とは、年金分割の請求をすること及び分割する場合の按分割合について、当事者間で合意をしたうえで、日本年金機構(年金事務所)に年金分割を請求する制度です。按分割合は2分の1を上限とします。
当事者間で合意できない場合は、裁判所で定めます。
按分割合について合意または裁判所で定めるためには、「年金分割のための情報通知書」を年金事務所から取り寄せておく必要があります。

3号分割制度

3号分割制度とは、平成20年4月1日以降の第3号被保険者期間について、第2号被保険者である配偶者の年金記録を、当事者間の合意や裁判手続なしに、2分の1ずつに分割できる制度です。ただし、日本年金機構(年金事務所)に年金分割を請求する必要はあります。
第2号被保険者とは、厚生年金(旧共済年金を含む)に加入している人のことで、会社員や公務員などです。第3号被保険者とは、第2号被保険者に扶養されている、20歳以上60歳未満の配偶者のことで、専業主婦や、年収130万円未満の兼業主婦などです。



平成20年3月以前に結婚の場合

この場合、3号分割制度の対象になるのは、平成20年4月1日以後に第3号被保険者だった期間についてのみです。
平成20年3月以前については、合意分割制度の対象となり、当事者間の合意か、合意が得られない場合は裁判所で定めます。
そして、合意分割の請求がされた場合、婚姻期間中に3号分割の対象となる期間が含まれるときは、合意分割と同時に3号分割の請求があったとみなされます。



離婚時の年金分割の請求期限

離婚時の年金分割について、日本年金機構(年金事務所)への請求は、原則として離婚から2年以内が期限とされています。

離婚について
弁護士・事務所案内