• HOME
  • >
  • 離婚と子どもの問題

離婚と子どもの問題

離婚と子どもの問題

離婚に伴い定める子どもの問題

離婚に伴って定める子どもの問題として、主に、親権者、養育費、面会交流(面接交渉)があります。

離婚と子どもの問題各ページのご案内

各ページへは、以下それぞれタイトルをクリックしていただくと移動できます(メニューボタンからも移動できます)。 

親権者

子どもを監護・教育し、子どもの財産管理をする側(要するに、子どもを育てる側)になることです。

養育費

子どもが経済的・社会的に自立できるまでに必要となる費用です(お金・財産の問題でもあります)。

面会交流(面接交渉)

子どもと離れて暮らしている親が、定期的・継続的に子どもと会ったり電話や手紙などで交流したりすることです。



離婚後の養育費と面会交流の関係

未成年の子どもがいて離婚をすると、多くは、離婚後に親権者が子どもを育て、非親権者は養育費を支払い、子どもとの面会交流を認めてもらうという状況になります。
そもそも離婚では親権が争われることは多くありますが、一方が親権者になることが前提となった状況で、養育費の額と面会交流の頻度等が問題となるとき、それらが相関関係に思えることがあるかもしれません。しかし、本来、離婚後の養育費と面会交流は子どもにとって重要な別個の制度であり、そのことを認識しておく必要があります。


離婚問題は夫婦と親子の問題が混ざる

子どもがいることは、離婚するかどうかや、離婚するとしても、いつ、どうやって離婚するか等に影響し、悩まれることも多いと思われます。夫婦間の問題と親子間の問題が混ざりますので、悩まれるのも当然です。
そういったお悩みの指標として、弁護士の知識と経験も一定の役割を果たすのではないかと思われます。
一人で悩まずに、まずはご相談してみてください。

離婚手続きの全体図