離婚の財産分与

離婚の財産分与とは

離婚における財産分与とは、夫婦が共同で築いた財産を、離婚に際し分配することです。
財産分与について、法律は、「離婚をした者の一方は、相手方に対して財産の分与を請求することができる」と規定しています(民法768条1項、771条)。

離婚の財産分与とは

離婚における財産分与とは、夫婦が共同で築いた財産を、離婚に際し分配することです。



財産分与の対象

主な財産分与の対象となる財産は、夫婦が協力して得た財産です。名実ともに夫婦の共有となっている共有財産と、一方の名義であるけれど夫婦が協力して取得した実質的共有財産とがあり、いずれも財産分与の対象となります。預貯金、不動産、自動車、有価証券、家財道具、美術品などが考えられます。
これらは、名義が一方か共有かにかかわらず、夫婦が協力して築いた財産であれば、通常はひとくくりに共有財産と呼ばれ、財産分与の対象となります。夫婦の一方が働いて得た収入が一方名義の預貯金として残っている場合や、その収入を基に購入した財産なども、通常、共有財産として財産分与の対象です。
夫婦のいずれに属するか明らかでない財産は、共有財産と推定され、財産分与の対象となります。
ローン、借金などマイナスの財産(消極財産)がある場合、裁判離婚の多くは、プラスの財産(積極財産)から差し引いて残額があれば、その残額を分与する傾向がみられます。

財産分与の対象

財産分与の対象となる財産は、夫婦が協力して得た財産です。よく問題となるのは、預貯金や不動産などです。名義が一方か共有かにかかわらず、夫婦が協力して築いた財産であれば、ひとくくりに共有財産と呼ばれ、財産分与の対象となります。
夫婦のいずれに属するか明らかでない財産は、共有財産と推定されます。
 


財産分与の割合

財産分与の割合は、理屈としては財産形成や維持への寄与度があり得ますが、実務では原則2分の1ずつとされており、「2分の1ルール」と呼ばれています。ただし、特殊な職業や能力など個別の事情によっては、2分の1から修正されることもあります。

財産分与の割合

財産分与の割合は、実務では原則2分の1ずつとされています。ただし、特殊な職業や能力など個別の事情によっては、修正されることもあります。



財産分与の対象外・特有財産について

離婚の財産分与は、夫婦が共同で(協力して)築いた共有財産が対象となり、そうでない一方固有の財産は特有財産といわれ、財産分与の対象外です。
たとえば、結婚前から持っていた預貯金や不動産、結婚後に親からもらったり相続したりした財産などがあります。
ただし、そのような財産であっても、結婚後の夫婦の協力によって財産の価値が維持・増加したといえる場合など、財産分与の対象となる場合もあります。
 

共有財産と特有財産の区別

財産分与において、共有財産と一方の特有財産がある場合、その区別をつける必要があります。しかし、共有財産と特有財産の区別は簡単にはいかないことがよくあり争いになりがちです。
たとえば、結婚前からの預貯金に結婚後の収入が入金された場合や、結婚後に購入した不動産について一方の親が資金の一部を提供した場合など、共有財産と特有財産が混在しており、それぞれの割合が問題となります。

財産分与の対象外・特有財産

離婚の財産分与は、夫婦が共同で(協力して)築いた共有財産が対象となり、そうでない一方固有の財産は特有財産として財産分与の対象外です。
たとえば、結婚前から持っていた財産や、結婚後に親から相続した財産などがあります。ただし、それらも結婚後の夫婦の協力で価値が維持・増加したといえる場合など、財産分与の対象となる場合もあります。
 

共有財産と特有財産の区別

財産分与において、共有財産と一方の特有財産がある場合、その区別は争いになりがちです。
たとえば、結婚前からの預貯金に結婚後の収入が入金された場合や、結婚後に購入した不動産について一方の親が資金の一部を提供をした場合など、共有財産と特有財産が混在し、それぞれの割合が問題となります。



財産分与に関する相談事例

以下のページに掲載しています。
⇒ 財産分与・慰謝料・年金分割
の相談事例ページへ

離婚の財産分与に関する相談事例

相談事例は以下のページに掲載しています。
⇒ 財産分与・慰謝料・年金分割の相談事例ページへ
 

離婚について
横浜で離婚の弁護士相談横浜で離婚の弁護士相談

離婚に関する弁護士費用離婚に関する弁護士費用

離婚の解決事例離婚の解決事例

ご相談・ご依頼の流れご相談・ご依頼の流れ

離婚調停のご依頼について離婚調停のご依頼について

お問い合わせお問い合わせ

離婚の概要離婚の概要

離婚協議離婚協議

離婚調停離婚調停

離婚裁判(離婚訴訟)離婚裁判(離婚訴訟)

離婚の準備・検討事項離婚の準備・検討事項

離婚の可否と離婚の原因離婚の可否と離婚の原因

離婚と子供の問題離婚と子供の問題

親権者親権者

養育費養育費

面会交流(面接交渉)面会交流(面接交渉)

親権・養育費・面会交流の相談事例親権・養育費・面会交流の相談事例

離婚とお金・財産の問題離婚とお金・財産の問題

離婚の財産分与

財産分与の柔軟な発想財産分与の柔軟な発想

離婚と慰謝料離婚と慰謝料

離婚時の年金分割離婚時の年金分割

財産分与・慰謝料・年金分割の相談事例財産分与・慰謝料・年金分割の相談事例

婚姻費用婚姻費用

離婚成立までのこと離婚成立までのこと

離婚の話し合い3段階離婚の話し合い3段階

離婚後に起きる法的問題離婚後に起きる法的問題

弁護士と行政書士・司法書士の違い弁護士と行政書士・司法書士の違い
弁護士・事務所案内
弁護士紹介弁護士紹介

アクセスマップアクセスマップ

当事務所が選ばれる理由当事務所が選ばれる理由

プライバシーポリシープライバシーポリシー

リンクリンク

サイトマップサイトマップ